楽天かYahoo!ショッピングなどのモールかEC-CUBEの比較

株式会社Webの匠

弊社サービス「楽天かEC-CUBEかYahooショッピングかお悩みの方へ」の詳細ページです。
是非ご検討頂き、どんな些細なことでもご連絡頂きますようお願いいたします。


サービス紹介

楽天かEC-CUBEかYahooショッピングかお悩みの方へ

楽天かYahoo!ショッピングかEC-CUBEどれにすれば良いか?お悩みのかたへ

実績多数あり。

ECサイトを立ち上げる場合、選択肢は様々です。
楽天、Yahoo!(ヤフー)ショッピング、メイクショップ、EC-CUBEなどの自社ドメインサイト...。
はじめてECサイトを立ち上げる場合や、2サイトを増やそうとする場合、どれが一番良いのか悩まれる事業者様は多いはず。
弊社では様々なクライアント様の事例から、それぞれの選択肢毎のメリット、デメリット、売上額などの情報を数多く保有しております。
FacebookやTwitter
EC-楽天ショップのメリット・デメリット
メリット

・構築にかかる費用が低コスト 弊社で構築した場合は10万円~
・集客力大 認知度の高い商品を扱っている場合は、圧倒的な集客力がある
・構築までにかかる期間が短い 最短1ヶ月
・知名度が高く、安心感がある

デメリット

・ランニングコストがかかる(月額出店料金 19,500円 or 50,000円)
・同じ商品を扱う競合他社が多い場合、価格勝負になる
・売上に応じた手数料(2~6.5%)が取られる為、利益率が下がる
・認知度の低い商品を扱う場合、楽天内集客できない為、楽天内での広告を出す必要がある
楽天出店のプラン・費用はこちら

EC-CUBEなどの自社ドメインサイトのメリット・デメリット
メリット

・デザインや機能などの制限はなく、自由な見せ方・機能を実現できる
・手数料などが無い為、利益率が高い
・顧客の囲い込みができる(競合他社に流れる事がない)
・会員に対してのアクション・プロモーションが自由に行える

デメリット

・構築にかかる費用が比較的高い 弊社で構築した場合は30万円~
・構築までにかかる期間が長い 約2か月程度
・立ち上げただけでは集客力はまったく無い。リスティング広告や、SEOに予算を確保しておく必要がある

「楽天・Yahoo!ショッピング・EC-CUBEのどれが一番良いのか?」

この判断は、扱う商品の属性、会社の知名度、既に顧客を持っているか、などの様々な要因によって異なります。

ある程度ニーズがあって競合他社の取り扱いが少ない商品を扱う事業者様や、
競合の取り扱いの多い商品でも、優位的な仕入れルート等により、他社よりも低価格を実現できる事業者様、
認知度が低い商品でも、認知さえされれば購入率の高い商品を扱う事業者様なら、
楽天ショップへの出店は有効となります。

SEOの競合が少ない商品を扱う業者様、オンリーワン商品、ニーズの母数は少ないが、コアなファンが多い商品などを扱う事業者様や、
すでに多くの顧客リストを持っている事業者様などは、
EC-CUBEなどの自社ドメインサイトでも比較的成功なさる傾向にあります。


弊社では、多くのクライアント様の実例を元に、お客様にあったご提案をさせていただきます。
是非お気軽にご相談下さい。

お問合わせはこちら0467676262

sales@w-takumi.com